タブレットレジの機能詳細|タブレットでレジに革命が起きている【メリットを理解し活用しよう】
新しいタイプのレジ

新しいタイプのレジ

タブレットレジの便利な機能について調べてみよう

タブレットレジの機能詳細

男女

多機能なタブレットレジ

タブレットレジはコンパクトながら、非常に多機能です。現在主流の機能に加えて、新しく出てくる機能も随時追加していくことができます。これから先もどんな機能が出てくるのが楽しみですね。複数の機能を組み合わせて、より効率的な業務を目指しましょう。

通情のレジと比べてみよう

タブレットレジを通情のレジマシンと比べてみましょう。一体どんな違いがあるのでしょうか。まず、わかりやすいのは大きさです。薄型でコンパクトなタブレットに比べて、普通のレジマシンはその何倍もの大きさがあります。店舗の1区画にレジを置かなければならないので、スペースも取ります。レジマシンのせいで店舗の景観が損なわれてしまうということもあるかと思いますが、タブレットレジではそんな心配もないですね。

どんな場所でも使うことができる

タブレットのレジはどんな場所でも操作することができます。つまり、店のどこにいてもレジの操作をすることが可能なのです。先に席で会計手続きを手短に済ませ、あとでおつりとレシートを渡すというような様々な工夫をすることができます。

同時に複数台のタブレットが利用可能

同時に何台かのタブレット端末を操作することができますので、一つのレジにみんなが並んでしまうといったような手間を省くことができます。店舗にいくつかのフロアがある場合でも、もちろんそれぞれの場所で会計をすることができるのです。各フロアにレジマシンを置くとなると、かなりのコストがかかってしまいますが、タブレット型のレジの場合、対応端末をいくつか用意すればいいだけなので費用があまりかかりません。

タブレットレジの基本機能

会計保存機能

飲食店などでタブレットレジシステムを導入するのであれば、テーブル別に会計を保存できる素晴らしい機能が使えます。テーブルごとに注文商品が管理でき、会計が混雑する時間帯も素早い対応が可能です。

顧客情報の入力

顧客情報を詳しく入力出来るので、どの商品がどういった人に売れているのかがわかります。暇な時間にその顧客の年齢や性別、特徴やどういったシーンで利用しているかを入力してデータを集めましょう。

タッチ画面で席を割り振り

タブレットのタッチ画面を席ごとに割り振ることで、どのオーダーがどのテーブルのものなのか一目でわかります。混雑時も仕事を見失うことがないですね。たくさんのお客様がいてもスマートな対応が可能です。

オーダーをキッチンの小型プリンターで印刷

タブレットで簡単に操作するだけで、オーダーをキッチン側でプリントすることができます。大きいお店であればオーダーを伝えるのがひと苦労ですが、この機能があればそんな問題も解決できますね。周辺機器に関してはべつのページでも詳しく説明します。

24時間データの確認が可能

タブレットレジで入力した情報やデータは24時間どこからでも確認可能です。クラウドに繋がっているので、ネット環境があればどこからでもみられます。